”最高の人生の見つけ方”を見たら最高な人生をおくりたくなった!!

あらすじ

真面目な自動車整備士のカーターは雑学を楽しみながら、暮らしていたがとある日、自分がガンだと知り、入院する。何よりもビジネスを優先するのエドワードもある日吐血し、自分が経営する病院に入院する。会うはずのない2人が1つの病室で友情を育み、The Bucket list を作り、残り少ない人生を謳歌する旅に出る。何かを始めるの遅すぎることはないと確かめに行くために。

キャスト&スタッフ

キャスト
エドワード・コール … ジャック・ニコルソン (勝部演之)
カーター・チェンバーズ … モーガン・フリーマン (坂口芳貞)
トマス … ショーン・ヘイズ (横堀悦夫)
ホリンズ医師 … ロブ・モロー (志村知幸)
バージニア … ビバリー・トッド (野沢由香里)

スタッフ
製作 :ロブ・ライナー
監督 :ロブ・ライナー
製作 :クレイグ・ゼイダン
製作 :アラン・グライスマン
製作総指揮 :ジャスティン・ザッカム
脚本 :ジャスティン・ザッカム
(HPより抜粋)

感想 ・・・ネタバレ含みます!

この映画の何がいいってまずこんな人生を歩めたらいいな!って見終わったときに素直に思えました!誰も逃れられない”死”ということにどう向き合うか。それを共有できる最高の友人に出会える。自分の死を悲しんでくれる家族の大切さに気づかせてくれる作品でした。

目的がある旅行がどれだけ充実した時間になりうるか。それは色々なところに行って、色々なことをして得られるときもあれば、大切な誰かと時間や体験を共有することで得られることもある。毎日が忙しすぎて、忘れてしまっていることを思い出させてくれる、そんな映画でした!
著者もいろいろな国に行きましたが、以外と覚えてるのは、一緒に行ったメンバーと過ごしたホテルの夜だったりします!

著書が特に感動したシーンは、Backet List の項目に”世界一の美女とキスをする”という項目が作中にあります。はじめにこのシーンを見たときはどんな綺麗な女優さんを使うのか単純に興味がありました。
答えは映画を見ていただければお分かりだと思いますが、正解はずっと会えていなかったお孫さんでした!そのお孫さんと会うシーンは人情を切り捨ててビジネスを突き進んできた男の姿から1人の家族を愛する姿でした。

The Bucket Listについて
スラングで自殺のことをkick the bucket というそうです。死ぬまでやりたいことリストを作ることは自分が人生を終わるときに後悔しないために大切なことかもしれませんね。
作って見たいと思った人はYoutubeで情報発信している”両学長”をYoutubeで調べてみると詳しく説明してくれています。

主題歌がJohn Mayer
ブログを書きながら作品を調べていく中で作中に John Mayer だと気付きました。
ギターを弾いている方なら知っている方が多いと思いますが、現代のギターヒーローにあげられる人物なのですが、ギターのテクニックはもちろんのこと、シンガーソングライターとして歌もバカウマなので気になる方は調べて見たください。

まとめ


著者がこの作品を初めて見たときは20代前半で、ちょうど海外に行く機会が多く、それこそ飛行機の中で見て「色んな国にいけて、いいなぁ」ぐらいの感想だったのですが、今みると全然感想が違いました。これがまた何年後かに見たときは違う感想を抱くのかなと思い、一生大切にして行きたい作品の1つになりました。ちょっと毎日に疲れてるとき、だれかに感謝の気持ちを忘れてるかもと思ったときにぜひ見て見てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました